クラス案内

2020年1月より、茶道専門教室に生まれ変わります

こども茶道教室『七ツ星』です。

2020年1月から、『幼児小学生知育教室・七ツ星学院』は、
こども茶道専門教室『七ツ星』に生まれ変わります。

今まで、こどもたちに様々な『知育教育』を行ってまいりました。

主に小学生向けの『知育』ですので、それはもう文化・教養・古典はもちろん、
社会情勢や国際情勢、『どんな大人になりたいか』ツールを使っての自分を見つめる時間・・

夏休みには『スライムづくり』など、
その多種多様な内容で、こどもたちに大好評でございました。

その中でも、ひときわ人気だったのが『茶道』です。

先生から、茶道に関する、様々なお話を聞きながら、お菓子とお抹茶を楽しみ、
最初は『見ているだけ』だった『お点前』も、少しずつ自分で出来るようになっていきます。

茶道を通して、礼儀作法はもちろん、文化的な素養も育っていきます。

こどもたち専門の教室ですので、周囲の大人を気にする必要もありません。

茶道教室にありがちな、
「うちの子、騒いで大人の人に御迷惑かけたら、どうしよう・・」
なんて悩みも、大丈夫です。

45分が1タームのお教室ですし、
先生がこどもたちの『好奇心』を大切にしていますので、
ワクワク・ドキドキしながら取り組めます。

そういうわけで、
「もっと、茶道の時間を増やしてほしい!」

とのお声も日に日に強くなり、
ついに2020年1月より、茶道のお教室へと生まれ変わることとなりました。

もちろん、『知育教室』だった流れも受け継いで、
月に1度は『茶道のお勉強』もします。
これは、他ではしていない、画期的な取り組みです。

『こども相手』だからといって、『こどもだまし』なわけではありません。

こどもたちは、とても聡明で、想像力豊かで、好奇心旺盛です。

その興味・関心をもっと伸ばして、深い教養に育てていくためには、
「どうして、茶道は『こう』するの?」
などという、素朴な疑問に応えていく必要があるのです。

普通の茶道教室では、このような質問はあまりしてはいけないものです。
『見取り稽古』といって、『見て、覚える』『見て、理解する』『そのうち、わかるようになる』。

そのような『問いに答えないのが当たり前』の事が多いからです。
それも、もちろん、奥ゆかしい日本的な文化です。

ですが、それでは、こどもたちは納得しません。
「なぜ? どうして?」

これに応えられない時間は、彼らにとって『つまらないもの』だからです。

ですから、七ツ星では、こどもたちの「なぜ? どうして?」に
丁寧に向き合うために、『茶道のお勉強の時間』を設けているのです。

これは、貴重な機会です。
知れば知るほど、茶道は奥深く、面白いものです。

その面白さは、『知ってるからこそ、より面白い』というたぐいのものです。
知らなければ、面白さはよくわかりません。

ですから、茶道は神秘的だと言われるのです。

そして、「『お点前』ができれば茶道が出来た!」などという、
簡単な、甘いものでもありません。

茶道はコミュニケーションの実学でもあるのです。
おもいやり、気働き、相手の『心を込めていること』に気が付く能力。

『茶道は一生勉強』と言われるような、奥深く、面白い茶の湯の世界を垣間見れる。
そんな『茶道の本当の面白さ』に気が付く、素晴らしい機会なのです。

ぜひ、おこさまに『茶道』という世界を、見せてあげませんか?

岡山のこども茶道教室『七ツ星』は、いつでも『体験』を受け付けております。(親子分離)お気軽にコンタクトフォームよりお問い合わせくださいませ。

茶道専任講師
宗曜
祖母が茶道の先生で、小さなころから茶の湯に親しんできました。 幼いころから茶道を学ぶことは、礼儀作法はもちろんのこと、知育教育・情操教育・文化教育にもとても良いです。 男の子も女の子も、みんなで楽しく『お茶』をしましょう。 →→→『七ツ星』フェイスブック・ページ
\ Follow me /