知育内容

知育:論語とは

岡山の幼児・小学生知育教室、七ツ星学院です。

さて、学院で学んでいる論語とはなんでしょう。なぜ学んでいるのでしょうか。

論語は中国の孔子(紀元前552年〜479年)とその弟子たちとの会話をまとめたものです。

孔子が言う最高の徳は『仁』というものです。人としてのおもいやり、人間愛といった意味があります。孔子は『仁と礼(規範)にもとづく理想社会の実現』を目指しました。

また、論語は古代中国、古代日本の国づくりの土台となった考え方のひとつでもあります。

論語を学ぶことで人間力を増し、日本人、アジア人としての土台をつくっていきます。

それでは、みなさまのお越しをこころよりお待ちしております。

 

★★★★★★★

 

岡山の幼児・小学生知育教室『七ツ星学院』は、いつでも体験入学を受け付けております。(母子分離)お気軽にコンタクトフォームよりお問い合わせくださいませ。

茶道専任講師
宗曜
祖母が茶道の先生で、小さなころから茶の湯に親しんできました。 幼いころから茶道を学ぶことは、礼儀作法はもちろんのこと、知育教育・情操教育・文化教育にもとても良いです。 男の子も女の子も、みんなで楽しく『お茶』をしましょう。 →→→『七ツ星』フェイスブック・ページ
\ Follow me /