子ども茶道教室

知育:茶道は、まず楽しむこと。そして体得へ。(利休道歌2 ならひつつ)

岡山の幼児・小学生知育教室『七ツ星学院』です。

 

当学院では、子ども茶道教室を行っております。

利休道歌(利休百首)にも、

「ならひつつ見てこそ習へ習はずに よしあしいふは愚かなりけり」

という句があります。

茶道や習い事に限らずに、なにごとも

「まず長年やってみて、体感・体得しよう。短期間の経験や、実際にやってもみないで上面だけの物事を見て、そのことを『良い、悪い』と決めつけるのは、愚かしいことですよ」

ということなのでしょう。

 

当学院のお子様方も、まずは実践から入ります。

先生がお点前し、茶道についてあれこれ楽しくお話ししながら、お菓子を食べ、お茶を頂くのです。

最初は何もわからず、ただ座ってお菓子とお茶を楽しむだけだったお子様方が、何度も回数を重ねるうちに、「私もお茶を点ててみたい」「ふくさをさばきたい」と自然と自分からやりたくなってくるのです。良いとか悪いとかではなく「楽しそう。私もやりたい」という気持ちが、先へと進む原動力になります。

 

そうして、お稽古をしているうちに、だんだんと「茶道の心、日本的な美意識」といった目に見えない事柄を体得していくのです。

 

 

★★★★★★★

岡山の幼児・小学生知育教室『七ツ星学院』は、いつでも体験入学を受け付けております。(母子分離)お気軽にコンタクトフォームよりお問い合わせくださいませ。

茶道専任講師
宗曜
祖母が茶道の先生で、小さなころから茶の湯に親しんできました。 幼いころから茶道を学ぶことは、礼儀作法はもちろんのこと、知育教育・情操教育・文化教育にもとても良いです。 男の子も女の子も、みんなで楽しく『お茶』をしましょう。 →→→『七ツ星』フェイスブック・ページ
\ Follow me /