知育内容

知育:春の星座

岡山の幼児・小学生知育教室『七ツ星学院』です。

皆様は、夜空を見上げることはありますでしょうか。

私はあります。星空が大好きですので、流星群の降る時などは、夜を通して星空観察をしてしまうほどです。

さて、先日京都大学などが岡山県浅口市の京大岡山天文台の望遠鏡の愛称を『せいめい(SEIMEI)望遠鏡』と付けましたね。東アジアでは最大となる口径3.8メートルの望遠鏡ですが、平安時代の陰陽師で天文学者の『安倍晴明』にちなんだそうです。

望遠鏡で太陽系外惑星の探査もすることから、「生命」の起源を解き明かしたいとの願いも込めたといいます。ロマンですね。夢がありますね!

 

七ツ星学院では、そんな宇宙への興味を広げてもらおうと、知育教室にて『星座』のお勉強などもしています。

太陽系にはどのような惑星があるのか、衛星とは何かや、北極星の簡単な見つけ方、星の位置が春夏秋冬で変化するのはなぜかなど、星空観測の基礎を知り、12星座についてや(今は春ですので)春の星座についてや、天体ショーの楽しみ方も学びます。

幼児・小学生といったうちから科学(天文学)に興味をもつことは、教養としても大切ですし、将来の進路の幅も増やします。『科学離れ』が問題視される昨今、星空に興味を持つ、ということはとても大事な事です。

 

それに、もしお子様方が将来天文学者や物理学者にでもなって宇宙についての新たな発見をしたり、ロケット開発・宇宙開発をするような大人に成長したら、それこそ望外の喜びです。

『七ツ星学院』にも『星』の文字が入っておりますし、お子様方が星空に興味を持って楽しんでくれたら、当学院も嬉しいです。

 

★★★★★★★

岡山の幼児・小学生知育教室『七ツ星学院』は、いつでも体験入学を受け付けております。(母子分離)お気軽にコンタクトフォームよりお問い合わせくださいませ。

 

茶道専任講師
宗曜
祖母が茶道の先生で、小さなころから茶の湯に親しんできました。 幼いころから茶道を学ぶことは、礼儀作法はもちろんのこと、知育教育・情操教育・文化教育にもとても良いです。 男の子も女の子も、みんなで楽しく『お茶』をしましょう。 →→→『七ツ星』フェイスブック・ページ
\ Follow me /